奥田真希のおすすめ展覧会を日記形式で紹介


by makkiart

 チャリンコ@大阪

今日は気になっていたGUNDAMの展覧会で天保山へ。淀屋橋から折り畳み自転車を走らせる。これからは歩いて移動していた頃より行動範囲が広がりそうでうれしい。(もう弁天町から天保山まで歩かなくていいのね。やったあ〜。)
まずGUNDAM展へ行く。内容は良かったが、作品数が少なかったので思ったよりはあっさりとしたものだった。もっと見た〜い。                    気を取り直してGarelly Yamaguci kunst-bau での「 ART CAMP 2005」へ向かう。若手注目作家の展覧会で、7人ずつ4期に分けての展示。(今回第3期)CASOで展示をしてた頃より見ているが、各作家の一番フレッシュな表現と過去の作品をFILEで見ることができる。各会期の参加作家の中に知り合いがいるので本当は各会期おさえておきたかった。次回4期は必ず!行こう。
つづいてCASOへとペダルを踏む。ここでは「FRAME」展。若手(大学生、院生)による公募展+招待作家との展示。こちらは前期を。前後とも14人程の作家の参加。個人的に知ってる人、気になってた人、初めて私のツボをおさえてしまった人がいた。こちらも作品とともにFILEをみては名刺もあさってしまいました。こちらも知ってる作家が多く、ART CAMPとFRAMEはリンクしているかのように思えた。観賞後、スタッフの Nサンとお別れして、雨が降る中また来た道を自転車で。折角自転車デビューなのに雨なんて・・・・・。
しかし、気になる若手の作家さんが何人もいたので収穫は大きい。GUNDAM展より面白かったのでは。次回の会期の展示にも期待が膨らむ。e0030223_6243467.jpg
[PR]
by makkiart | 2005-08-30 20:30