奥田真希のおすすめ展覧会を日記形式で紹介


by makkiart

脱力エンターテイメント

今日は大阪・堀江にあるequalというギャラリースペースへ。本日最終日の現代美術二等兵の「脱力エンターテイメントWEST」という展覧会。この展覧会は前期は甘口、後期は
辛口と別れている。私は以前から彼等の作品=「駄美術」は拝見しているが、都合で「甘口」は見れなかったのが残念でならない。やっとこの度「辛口」の方を見ることが出来る。
会場には1990年代からの作品から選りすぐりの逸品?が並ぶ。毎度ながら、関西独特の笑いのセンスとでも言うべきユーモアと皮肉に溢れた作品、キャプションに笑いが止まらない。丁度、本屋の立ち読みで面白いマンガに笑いをこらえている人状態である。最終日と言うこともあって、作者の籠谷シェーン氏、ふじわらかつひと氏も在廊去れていた。お二方とは面識があるので軽く挨拶をして、充分に堪能して会場を後にした。
いつもは「真面目」な現代美術の展示を見ているが、現代美術二等兵のようなウィットのある楽しい作品も必要だと思う。美術と言ってもエンターテイメントの一環なんだから。アートのお笑いがあってもおかしくはない。
現代美術二等兵は毎年ギャラリー射手座で展覧会をしている。今年は9/20〜25。
各方面から注目されているので必見!e0030223_0492557.jpg
[PR]
by makkiart | 2005-08-21 22:22