奥田真希のおすすめ展覧会を日記形式で紹介


by makkiart

ネガティブ・アート

陽がまだ強い4時頃から街に出る。今日は大文字の送り火があるからか人出が多い。
同時代ギャラリーで開催中の「ネガティブ・アート」展を見た。作家の笹山直規さんを中心に青少年の自殺や精神障害などの問題を取り上げた作品が並ぶ。しかし、内容は暗いものではなく、作家が個々に自分の現状や伝えたいことを作品で表わしていて、見ている私には自分との共通点が見えてきて親近感さえ湧いてくるような感触だった。誰もが一度は持ったことがあったり、心の片隅に潜んでいる感情を改めて意識させてくれた。世間は色々な問題でいっぱいいっぱいだけど、そういう時だからこそ、自分と周りとの関係とかを見つめるのが必要なのかも。
来月は笹山さんは立体ギャラリー射手座で個展を控えている。こちらも楽しみにしたい。
[PR]
by makkiart | 2005-08-16 23:23