奥田真希のおすすめ展覧会を日記形式で紹介


by makkiart

音楽ホールで

午後4時前に家を出て三条京阪の方へ行きました。思ってたよりも日射しがあって、影を探しながら、休廊中のギャラリーを素通り。今日はneutronでの「入谷葉子展
」がお目当て。入谷さんの鉛筆の細かな線画は目がちかちかするくらい描きこんであるます。今回は猿がモチーフで、猿のシルエットの中もその線描で埋められてて、ちょっとスケルトンのアトムみたいな、でも心理的なウズウズ感が伝わってきます。絵の構成が以前よりもスッキリしてきた気がしました。neutronのある文椿ビルは現在各店鋪にアーティストのうちわが飾ってあります。それ見たさに他のお店にもお邪魔してみた。2Fの雑貨店は良かった。シェルランプがきれいでした。
neutronから二条の方へテクテクと。間之町通り沿いの「あいのまちはうす」というマンションの5Fで陶芸作家の山口サトヨさんが展覧会をしています。5Fの会場は普段は演奏用の部屋なのだけど、今回のヴァイオリンの弓をイメージした作品の為に空いてる3日間(8〜10日)を展示会場として借りたそうです。ヴァイオリンの弓の形をかたどった白い陶器が床にオーケストラの編成に準えた様に配置してあって心地よい緊張感がありました。ヴァイオリンの経験がある彼女ならではの表現で新鮮でした。山口さんは今年はクラフトギャラリー集での展示(〜14日迄)や個展など予定があるらしく、まだまだ制作モードを楽しんでいる様です。
[PR]
by makkiart | 2005-08-09 21:21