奥田真希のおすすめ展覧会を日記形式で紹介


by makkiart

2時間!!

バイトが終わってから今日日曜日で終了の展示をできるだけ見ることに。まず一番に堺町通りの集へ。

 くらふとギャラリー集 「長谷川 絵美 陶展 緑陶布」(10/18-23)

長谷川さんの作品は以前から度々コラージュで拝見していた。今回は蓮の花軸を重ねたような駒形の作品がメインだった。手のひらサイズでかわいらしい。いつも鮮やかな釉がアジアンな元気さを感じさせる。秋らしい演出と手織りのテーブルセンターとの組み合わせもいい。長谷川さんとお話ができたので作品のことやテーブルセンターから染織の話になったりでゆっくりさせてもらった。(初対面なのに)
あ、時間が。駆け足気味で次へと向かう。何走ってンだろう?

 ギャラリーコラージュ 
 「しあわせのpolkadot(水玉模様) mikiyo takahashi●self exhibition」              
  (10/18-23)

高橋美紀代さんのフェルトや毛糸を使った鞄や小物。秋らしい落ちついた色遣いと水玉がモチーフなのでコロコロした弾み感があった。かぎ針編みで造ってある渦巻き状のパーツがポルカドットって響きにあっていた。高橋さんは他のクラフト作家仲間と来月グループ展をするらしくてそのDMも頂いた。ら、そのメンバーに知ってる作家さんの名前。まあまあ、こんなところでも繋がりますか。

ちなみにそのグループ展はこちら
 ※「Poo Exhibition 」(11/1-6) gallery LOTUSROOTS

同時代ギャラリーを後にして、三条通を駆け抜ける。

 立体ギャラリー射手座 「楠井 加奈 『生命(いのち)の火』」(10/18-23)

花(百合かアヤメか?)モチーフにして見応えアルタブローが並ぶ。泊が貼ってたりするので日本画?って思ったけど、アクリルや油だった。でも細部までの描き込みが半端じゃなかった。花びらの表面の細かな表情まで追い掛けてある。枯れかけたところも具でリアル。想像画の植物の細胞を描いたのも、個人的に面白かった。

時間を見てみる、この分なら滑り込みでマロニエも行けるかな?っと思いながら既に木屋町通を南下している。まずは5階から。

 ギャラリーマロニエ 
 SPACE 5「京都精華大学テキスタイル院生展」(10/18-23)

テキスタイルっといっても形態がバラエティ豊かで面白かった。軍服らしきものを布地の間にパーツ別で縫い込んであるものや、イソギンチャクみたいな形を手漉き紙で造って青い寒天を流してるキノコのような群生。(カビが生えかけてました 笑)

 GALLERY 4 「手描きバティック 玉井佳穂の世界」(10/18-23)

バリで有名な臈纈の一種、バティック。玉井さんはインドネシアでバティックを学んで、今はオリジナルの作品を手掛けている。伝統的な柄に捕われずに、身近なものをモチーフにして、色合いも日本的だったり。何より、インドネシアへの留学を一時考えてた私には玉井さんが羨ましい。
今週は3フロアとも染織の作品展となったマロニエでした。
(3Fは先週から室田泉さんの作品)

急ぎ足でも作家さんとはお話するようにしている。してしまうので移動が駆け足。今日はほぼ2時間ちょっと。やればこれだけ回れるんだなぁ。でも、時間が欲しいです。
[PR]
by makkiart | 2005-10-23 22:23